アーシング

技能実習生制度は外国籍の若者が日本の企業での技能実習を通じて優れた技術・技能や知識を修得・習熟するための制度です。アーシング協同組合では、平成29年11月に施行の「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」に基づき、「外国人技能実習制度」に沿った技能実習生の受入と監理を行っています。
弊組合は外国人の指導、国内就労に精通した外国人専門の人材サービス会社が設立し、現地での選考から配属後の監理まで組合員企業の支援を行っております。

アーシング協同組合が選ばれている理由・・・

一般的な技能実習生導入スケジュール

※技能実習生3号については、一般監理団体を通じての技能実習生の受入かつ優良な実習実施機関であることが条件となります。

アーシング協同組合の事業

  1. 1.共同購買事業
  2. 2.翻訳・通訳サービス事業
  3. 3.技能実習生受入監理事業

アーシング協同組合のポリシー

私ども、アーシング協同組合は技能実習生の受入監理をするにあたり、コンプライアンス(法令順守)を徹底しております。実習実施者(技能実習生を受け入れていただく法人)にも、労働法規、人権重視、入管法遵守はもちろんこと、経営者、幹部の方のみならず、現場指導者の方まで全社一丸となって技能実習生受入の主旨と意義をご理解いただき、指導、活用いただきますようお願いしております。趣旨や意義をご理解いただけない企業様には、幣組合を通じての技能実習生の受入れはお断りさせていただいております。アーシング協同組合では各省庁、関係行政機関が発表しております法律、告示、指針に基づき適正な運営を行っておりますので、ご理解の程お願い申し上げます。

平成29年11月からの技能実習法施行に伴い、各関係行政機関に提出しなければならない書類が大幅に増え手続きが複雑化してきております。私どもは定期的な勉強会の開催や、万全の相談体制を整え、監理団体として入国前から帰国後までの監理団体としての責務を果たし、企業様も実習生本人や家族まで、関わる方皆様が日本に技能実習に来て良かったと思えるように監理指導をさせていただきます。
何卒、ご理解ご協力の程お願い申し上げます。

代表理事  矢野友加里

組合名 アーシング協同組合
住所 愛知県名古屋市中区栄2丁目3-16アーク栄広小路ビル
代表理事 矢野友加里
設立年月 平成26年

技能実習制度の趣旨と、その他技能実習法の総則については、下記各省庁、行政機関のWEBサイトをご覧ください。当省令のいう「制度の趣旨」とは、「開発途上地域への技能等の移転による国際協力の推進」であり、技能実習法の基本理念にも、「技能実習は労働力の需給の調整の手段として行われてはならない。」と規定されており、監理団体の業務の実施に関する基準では、さらに「技能実習を労働力の需給(需要と供給)の調整の手段と誤認させるような方法で、実習実施者等の勧誘又は監理事業の紹介をしないこと。」と記されています。